第1回 研究発表大会
The 1st Convention

  
日時: 2005年7月23日(土) 1:20 p.m.〜 5:30 p.m
Date & Time: Saturday 23, July, 2005 1:20 p.m. ~ 5:30 p.m.
場所: 早稲田大学国際教養学部7号館 113教室
Place: Room 113 (No. 7 Build.), School of International Liberal Studies, Waseda University
会費(非会員): 一般: \2,000; 学生: \1,000
Fee: Non-members: ¥2,000; Students: ¥1,000

大会プログラム
PROGRAM

受付開始午後1時
Registration1:00 p.m.
総合司会中島友子(近畿福祉大学)
ChairTomoko Nakajima (Kinki Fukushi Univ. )
開会の辞国際日本学会会長  飯島 武久午後1時20分.
Opening RemarksTakehisa Iijima (President, The International Association for Japan Studies) 1: 20p.m.

第1部 研究発表
Part 1 Research Reports

午後1時30分
1:30 p.m.
司会 飯島 武久(山形大学名誉教授)
Chair Takehisa Iijima (Emeritus Prof. Yamagta Univ.)
1.  自分だけの解釈学:21世紀で日本文学を教えること ジャニーン・バイチマン(大東文化大学)
A Hermeneutics of One's Own Janine Beichman (Daito Bunka Univ.)
2.  英語ハイクの特徴 ピーター・デュペンサーラー(帝塚山学院大学)
Characteristics of Haiku Written in English Peter Duppenthaler (Tezukayama Gakuin Univ.)
3.  夏目漱石が見た日本の近代化 徳永 光展 (宮崎国際大学)
Japanese Modernization As Described by Soseki Natsume Mitsuhiro Tokunaga (Miyazaki International College)

休憩
Coffee Break

第2部 討論会
Part 2 Panel Discussion

午後3時30分
3:30 p.m.
主題: 日本の近代化―明暗
Theme: Japan's Modernization: The Positive and the Negative
司会  森田 典正 (早稲田大学)
Presider Norimasa Morita (Waseda Univ.)
1.  光と影: 谷崎潤一郎における近代性、人種、そして美 エイドリアン・ピニングトン (早稲田大学)
Light and Shadow: Modernity, Race and Aesthetics in Tanizaki Junichiro Adrian Pinnington (Waseda Univ.)
2.  明治期におけるケンブリッジ大学在学の日本人学生:日本近代化の一例 アイアン・ラックストン(九州工業大学)
The Japanese Students at Cambridge University in the Meiji Era: a Positive Example of Japan's Modernizaion Ian Ruxton (Kyushu Institute of Technology)
3.  日本の近代化―100年の再評価 リース・モートン (東京工業大学)
Japan's Modernization: Re-evaluating l00 Years of History Leith Morton (Tokyo Institue of Technology)
閉会の辞 木村 公一(早稲田大学)
Closing Remarkss Koichi Kimura (Waseda Univ.)
終了午後5時20分
Finish5:20 p.m.
総会午後5時30分〜6時
General Meeting5:30 p.m.〜6:00 p.m.